滋賀の大学生の日記

滋賀のマイナー美大に通ってます

あたしの夏

放置してた!

つうか8月後半から9月頭まで

めちゃくちゃ予定詰まってました

 

ミュージカル本番まで

練習練習練習練習の毎日

練習だけだといいんですが友人と演出をやっていたので当日まで色々とめちゃくちゃ不安

ゲボ吐くし朝の顔色がマジで死んでました

そして生理が狂って月に2回きたり

色々とめちゃくちゃでした

しかしなんとか好評を頂き無事終演…!!

達成感…‼

色々ありましたがこの経験は

応用がききますね あと舞台演出家って本当に半端ねぇ 一つの作品を完成させる難しさ…身に沁みた!!!

 

そして本番の次の日はオフ

爆睡かましたあと

マケン姫ばっか調べてました

絵、エロうますぎる

 

そしてそのまた次の日は

びわ湖に泳ぎに行きました!いえーい!

比良で降りてよーーーし!泳ぐ!と改札に行く時おじちゃんに

 

いまメンテ中

 

びわ湖メンテ中ってなに

 

こんなことあります?

改札通る前でよかったありがとうおじちゃん。

近江舞子のビーチに行きました。

水着もきて

よーーーーーーし泳ぐぞーーーー!!!

その瞬間スコール

 

ザアザアフル雨を目の前に時間つぶしにサワーを飲む

 

悪夢か?

 

 

30分後やっと雨は上がり死ぬほど曇っているがびわ湖を楽しむんじゃい!!ってことで

ダイブ!!冷たいし死ぬ死ぬ!最高!

最高

最高

最高

 

最高!

びわ湖ラブ!!!!


f:id:mst_yy:20190913152307j:image

 

 

その後温泉行ってひとっぷろ!

二キロ痩せた!(やばくね)

 

 

そして9/3-9/7まで

中国に行きました また絵日記かけたらかきたいです

 

すごない?

この二週間の密度

 

 

 

 

 

 

 

ミュージカル映画が怖い

あーー怖いミュージカル映画が怖いなぁ

みんな歌い出すし

ノリが良すぎるし

画面が鮮やかで

つい体が乗っちゃって

こんな楽しい世界あるのか?!ってなってしまう

 

あーー怖い怖い

ミュージカル映画が怖い

 

 

 

 

……はい。

 

 

ということでアラジンを今更見ました

絶対面白いから怖い、みたくないの謎理論で避けてましたが遂に見ました。

 

ミュージカルみてると現実と色々比べて死にたくなりがち。

今回もアリ王子のお通りで

 

なんでこっちは偉い人が通ると

太鼓がなって花が舞ってオモロなのに

私の世界はクソクソ地味なの?!?!

 

ってわけのわからん嫉妬をしてまう。

 

ジーニーが案の定良かった 

絶対おもろいだろうと思ってたけど

動きが想像以上でした…。

一時停止していろいろ確認したい。

ていうかフレンドライクミーが一番気合入ってるし制作陣楽しんでやってそうだなぁと思ってニヤけた。

逆にホールニューワールドが思いの外あっさりしていた。

しかししっかりしたメッセージ性のある脚色が良かったです アホほど泣いた。

あとイアーゴがオウムすぎてウケる

 

絵を褒められた

後輩に絵を褒められた

 

びっくりして泣きかけた。

 

しかし後輩の前で泣くとか引かれそうなので堪えた。

 

 

 

自己肯定感が低い。

これは幼少期からそうだった。

保育園の時から人より劣っている気がしていたので中2までこんな私が何かをしても変わるわけが無い。とブス自己肯定低くてさらにブスになるスパイラルに陥っていた。

 

 

しかし中学校に入ってから改善された

中1の時にできたオタクの友人がオタクなのにRanzuki(つけまもりもりギャル御用達雑誌)を愛読の爽やか女子だった。

 

私は衝撃を受けた。

 

 

こんなのアリなんだ。

 

 

そしてノロノロ亀の速度だが服に興味を持ったり髪を整えたりするようになった。

そして鏡で顔を見る回数が極端に増えた。

 

自分の今の顔は世に出していいのかが不安で何回も確認する。 

あ、予想よりマシだ。良かった。

ふぅ。テクテクテク

 

これがメンタル死んでるときにやると

ブス過ぎて外に出れん!!!!と病む

そんなときは私は可愛い可愛い可愛いと暗示させて外に出ていった。

 

こんな感じで一見自己肯定しているようにみえるが

自己肯定がなさすぎるので仮の人格を作りだしその人格にめちゃくちゃ褒めてもらうことで私は保っているのだ。

 

だから主の自分の自己肯定はとっても低い。

 

人から褒められても主の自分が否定し

マイナスの言葉が結局心地よくなってしまうのだ。

 

話とっちらかった。

 

自己肯定低すぎて前まで褒められても偏屈つけて否定していたけど最近は素直に

 

ありがとう。と返している。

 

そして目に見える形に残さないとこの

根暗オタクは忘れてしまう。

マイナスの言葉を好んで食べるのだ。

 

ノートに書こう。 

 

8/7

後輩に絵が好き。と褒められて本当に嬉しかった

 


f:id:mst_yy:20190807210340j:image

 

 

地獄と夏休み


f:id:mst_yy:20190806134652j:image

そういえば合評終わりました。

完成品撮ってないわ

 

先生には右の隙間が一番の見せ場なのに

キメれていないのがダメだね。と言われてそのとおり!となりました。

空間が何時までも苦手、人や物には興味あるんですが空気感、空間の把握が本当に苦手です。逃げないでーー!!がんばって!!!

 

ダンスやってる友人

「楽しくなるまで練習しよう!」

って言葉が励みになる

 

 

 

夏休みに入りました。

入ったほうが忙しくて疲れる日々が多いです。

 

クロッキー

就活

劇団の本番一ヶ月前

 

この3つを全然うまくこなせません。

そして今2つの病院に通ってて金が秒で無くなる。

 

立て込むスケジュールと消えていく金。

辛い

 

辛いよ。

 

しかも人間関係がこじれて中間の位置にたってしんどかったりバイトで何時までも馴染めなくてメンタルやられたりそもそも仕事するのがダルかったり。説明会に遅刻したり行きたかったところの募集終わったり面接にこぎつけなかったりで地獄の毎日。

 

普通に映画とかみてゆっくりしてるときもありますが頭の片隅でこんなゆっくりしてていいの?とか連絡忘れてないよな…とか気持ちがしんどいY

 

 

 

しかし本日私早朝バイトを終え今から

友人宅に猫ちゃんを触りに行きます。

 

 

 

 

 

この日をどれだけ待ちわびていたか

 

 

猫ちゃんが触れる。

やっと、やっと

 

猫触りたい欲がここ一ヶ月溢れに溢れ

虚無を撫でることで心の隙間を埋めていました。

しかも友人はお菓子も用意してくれると。

 

 

なんて素敵な日。

 

友人のお菓子を食う昼下がり、膝には猫

手に猫、腹に猫、頭に猫(友人宅は猫が5匹くらいいます)

 

なんて素敵なのでしょうか

返信なくてつらい

連絡を人からめちゃくちゃ無視される

 

基本はレスポンスなくても平気なんですけど

 

〇〇の動画確認したいんで送ってください。

とか

初対面のグループラインで

こういうことでこういう連絡をこれからしていきます。名前ミスないかのチェックお願いします。

 

みたいな

レスポンスが欲しい連絡もグループで無視される

 

むかつきを通り過ぎて辛い

 

 

私のラインって見えていないのか?

私はいないのか?

私は地縛霊なのか?

 

そんな悲しい問が頭を駆け巡る。

やめてくれーーー!!!

楽しいことを考えよう

 

今日は

友人とk-popの話をした

実はハマっている。と言ったら友人もそうだ。といってかなり盛り上がった。

 

 

二時間くらい日本と韓国のアイドルについて

お互いの考察を出し合った。

結果韓国はアーティスト基質で

日本は橋本環奈がすべてかっさらった。

ということに落ち着いた。

 

学内展示に行った。

 

毎回展示内容は濃いのに大学がへんぴな

ところにあるため

毎回来場が少なくて勿体無い。

 

作家の方と話したがとても面白かった。

具体的な内容は書きません。

照れるから。

 

私って照れ屋だからさ。

 

 

そんなことをしてたので学校に3時についたはずがもう五時になった。

 

アホ!!!

 

アニメーションの課題を8時までやった。

 

めちゃくちゃ疲れた。

 

悲しい事件ばかりが最近起きて

メンタルがやられまくりだ。

 

はぁ

 


f:id:mst_yy:20190720210158j:image

 

昼飯の選択ミス

 

今日は八時に起きた。

腹が鉛のように重くなかなか起き上がれなかったが起きなければいけない。

 

病院に行くから。

 

 

精神科だ。人の付き添いで何回か行ったことはあるが受診するのは初めてだ。

恐怖とワクワクでいっぱいだ。

 

なにかというと

以前から自分はADHDだろうなぁと思う行動が多々あって周囲からも指摘されていた。

別に生活に支障がなければ良かったんだが

多動と物忘れが半端なく

人にも自分にも迷惑かけまくりの人生だった。

そして最近

ツイッターを見たら

薬飲んだら頭冴えまくり。

との情報にマジで?!となって予約したのだ。

 

昔付き添いでいった精神科は薄暗く物で溢れて先生もあまり生気がなく怖いイメージだったが今日行ったところはとてもクリーンだった。

さぁ何でも来い!!とカンペを抱きしめて挑んだが意外と緩やかに終った

 

私は早く薬をゲットしたいのだかテストをいくつか受けないといけない。めんどくせー

友人何人かに

「薬飲んだら今まで自分の性格だったと思ってたものが消えちゃうの怖くない?」と言われたが私は

「逆に何が消えて何が残るかが気になるわ、ワクワクする」

と返すと若干引かれました。

 

 

気をつけよう。

 

病院いったあとはお昼だ!!

 

 

私は食うことが大好きなのでウキウキだ

 

パンが食いたい。クリームパン、クリームパンが食いたい。欲が通学電車中頭の中を駆け巡った。

しかしパンは駄目だ 炭水化物と糖質の塊だ。そんで金も結構飛ぶから駄目だ、しかし食べたい。焼き立てが食べたい。

 

この問答が絶え間なく続き出た結果は

 

 

駅のうどんを食う

 

だった。

 

 

 

なんで。

 

f:id:mst_yy:20190719223108j:image

 

冷かけうどんにするはずが券売機の仕組みにビビってしまい温を買ってしまった。

 

うまかったけど微妙な気持ちにしかならなかった。

ここはやっぱりパンを食ったほうが正解だったんだろうか。

 

 未来の分岐点をいつも間違える。

 

 

学校到着
f:id:mst_yy:20190719224840j:image

 

どうにもならない。完成図が思い浮かばなくて死んでる。どうしよう。

何がしたかったか忘れた。

 

どうしたらいい?!と頭がパニックになりながら他の絵を描いたりアニメーションの課題をやったりした

そしてもにょもにょしながら塗り勧めた

 


f:id:mst_yy:20190719225004j:image

折角暗く塗ったところをオレンジで塗るという。

 

私はいっつもそうだ。計画通り進まない。

まず計画を立てないのもあるけど

塗って塗って塗ってしまうのだ。

しかしこんなにも塗り重ねれるのは

「和紙」を信頼しているからだ。

 

和紙、ありがとう。何度塗り重ねても破れず毛羽立たずありがとう。

合評まであと

何回塗り重ねるかわからないけど

これからもずっとよろしくな

 

 

 

 

ちゅっ

 

風と木の詩中3ぶりに読む

更新が空いた。ていうか

画像がまったく全く貼り付けれなくなってしまった この記事も四回くらい貼り直して投稿するのに3日も時間がかかった

 

 

アホか!!!!!!!!!!

 

なんだかここ一、二週間は

不思議な感覚がずっと続いていた。

悲しさなのか低気圧なのかわからないんだけど描きたいものが毎日変わっていくし出力できる力もないのでそのギャップに辛くなってた。もにゃもにゃしたままで描いたので

線がぐにゃぐにゃだ。


f:id:mst_yy:20190718113631j:image

 

ひどい。

 

ひどい出来すぎるので

田中ファイト!いいじゃんいいじゃん!

と自分に言い聞かせていると

先生がいつの間にか後ろに立っていて

「線太すぎやろ!うーん最悪」

 

と言われた。

 

 

ちょっとした悲劇だったが

 

こっから100にしたるし〜!と心の中のGALSがいってくれたので大丈夫だった。

(実際はへへへわかりやせん。としか返せなかった)

 

 

 

そもそも何でこんな太くしたんだろう

 



f:id:mst_yy:20190718113745j:image

 

 

 

 

 

ああそうだ仏画とか古典作品とかミッフィーとかアニメとかみて影響されたんだった

 

アウトプットが下手すぎる

 

 


f:id:mst_yy:20190718113823j:image

 

 

 

梅雨だからなのか乾きが遅い。

完成のイメージが大事!とか言いながら

すっごいもにょもにょしている

 

紫でいくかオレンジでいくか悩んでいる…

うーん紫だと暗すぎるような…でもオレンジは明るすぎるような…

 

 

そうやってもにょもにょかくから濁るんですよ!!

 

 

 

雑談

 

 

 

最近1時間から2時間ほど図書室で漫画を読んでいる 主に楳図かずお猫目小僧とと大島弓子の短編集だ。

 

 

面白い 面白すぎて号泣した。

 

 

あとやっと、

最近伝説のbl

風と木の詩」を読み切った

中3の腐女子だった頃に途中まで読んで放置してたが大学四年生にしてやっと読み終えた。

なぜこんなにあいたかというと中3の頭パーパー腐女子には過酷だった。

blは殆どが幸せな世界の話なのだ。

中学生だったのでリョナとか見てなかったのもあるが大抵はやまもおちもいみもない

ストーリー性よりも作者のキャラへの愛が滲み出ているものばかりだった。

(もちろん素晴らしい作品もあるけどね!)

 

 

風と木の詩は魔性の美少年(ツンデレ)と健康美少年の話で属性としてはよくある組み合わせだ。しかし規模が違いすぎた。

 

 

まずジルベールが全く理解できなかった。

顔が良いいけど顔以外良いところが無だった。

堕落した生活、キレる、情緒不安定、甘えてくると思えばまたキレる。

エロゲ、ギャルゲの暴力ヒロインが可愛く思えるくらい不安定なキャラだった。

そんな割に線は薄くすぐ死にそうで次のページ死んでたらどうしようと怯えながら捲っていた。

 

セルジュに共感しかしなかった。セルジュ頑張れ!!頑張れ!と応援しながら1巻を読み終えると寺田修司の寄稿には

ジルベール、セルジュという悪魔に負けるな!(中3の記憶なのでうろ覚え)

と書かれていて

中3の私の頭は砕けた。

 

 

そして読み進めていくうちに

寄宿舎での地味なイジメ(焼き栗を当てられる)

ジルベールの理解できないテンションと

ドン引き地獄の幼少時代

セルジュの普通に悲しい生い立ち

そして

「憎しみで人が殺せたら」

 

中3の私は消化しきれなくなって

リタイアしたのだ。

 

 

 

そして月日はたち

大学四年生

久しぶりに読み返すと

ジルベールへの気持ちが変わった。

ジルベールの愛に対する恐怖に共感できたのだ。

そういうことか、そういうことだったのか寺田修司…!!!

そして改めて少年たちの悲しみや葛藤によって物語が進んでいく構成力に感動する。

後半は二人はなんだかんだ仲良くなってやっと

二次創作のblぽい平和な絡みが出てくるが

合間合間に叔父にマウントとられたりレイプされたりリンチされたり容赦なさは健在だった。

ラストシーンもつらすぎる事件が起きて悲劇だったがコマ割りに感動しまくって号泣した。 その後走馬灯のよう物語を思い出しまた泣いた。

 

文章がとっちらかりまくった。

 

馬鹿なのであんまり理解してないが

理解できなくてもここまで感動できるし

理解できる人もっと感動できるので

皆さんぜひ読んでください。

これが少女誌の連載だなんて

当時の少女たちは賢すぎないか。